So-net無料ブログ作成
検索選択

<普天間移設>滑走路300メートル拡幅案示す 官房長官(毎日新聞)

 平野博文官房長官は16日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、海兵隊ヘリ部隊の一部か訓練の移設先に検討している鹿児島県・徳之島の移設賛成派の住民14人と鹿児島市内のホテルで会談した。平野氏は訓練用に徳之島空港の滑走路(2000メートル)の着陸帯を含めた横幅を今の2倍、300メートルに拡幅する案を示し、そのために沿岸部の干潟の埋め立てが必要となると説明した。

 地元3町長はじめ島内に根強い反対意見がある中、賛成派の住民と平野氏が公式に会うのは初めて。出席者は「ぜひ徳之島に基地を持ってきてほしい。政府が方針を出したら島民に発信して(島内を)賛成の方に持っていく」と伝えた。平野氏は政府との面会を拒否している3町長との会談が実現するよう、住民側に仲介を求めた。

 会談終了後、米軍普天間基地誘致推進協議会の谷岡一会長は、平野氏から地域振興策の説明はなかった、とした上で「具体的な条件を言ってもらえれば(住民に)伝えやすかったが、頭が痛い」と語った。【横田愛、村尾哲】

【関連ニュース
普天間移設:社民、閣議了解せず 「5月末決着」に異議
普天間移設:「ヘリ訓練、北海道でも」鈴木宗男氏
普天間移設:「人間の鎖」1万7000人 沖縄
普天間移設:鳩山首相、審議官級協議者から報告
普天間:官房長官、市議長らと会談 「分散移転に理解を」

逃走中に車横転、男2人重軽傷 神戸市(産経新聞)
<業務上横領>男性事務官を免職処分、地検に告発 千葉地裁(毎日新聞)
鈴木俊一・元東京都知事死去(産経新聞)
「ひきこもり」多くが精神疾患 3分の1は「薬物治療必要」(産経新聞)
プロバスケの高松ファイブアローズ運営会社、自己破産申請(産経新聞)

<痴漢>逮捕77人 再犯37% 首都圏集中取り締まり(毎日新聞)

 警察庁は6日、4月15〜21日に首都圏で実施した痴漢集中取り締まりの結果を公表した。都や県の迷惑防止条例、強制わいせつなどの容疑で逮捕・書類送検されたのは77人。うち29人(37.7%)は過去にも痴漢行為で検挙されており、警察庁は「痴漢は繰り返す傾向が強い」として警戒を強めている。

 警視庁と千葉、埼玉、神奈川の3県警が鉄道事業者16社と連携して実施。主要駅を中心に約270回の被害防止キャンペーンを実施、325駅で制服警察官が警戒した。

 1月の集中取り締まり(8〜15日)の検挙者は39人で、今回はほぼ倍増した。検挙者は16〜62歳で、30代が24人と最多、40代は21人。職業別では48人が会社員だった。

 被害者はいずれも30代までで、高校生が40人で過半数を占め、中学生も1人含まれた。

 路線別では、京王線とJR中央線が各6件で最多。痴漢対策用の防犯カメラを一部の車両に試験運用している埼京線は5件だった。カメラが設置された車両での犯行はなかった。【合田月美】

【関連ニュース
痴漢:埼京線全編成に防犯カメラ設置へ
秋葉原:防犯カメラ設置…無差別殺傷の現場周辺に34台
監視カメラ:高性能化進む 紙幣番号判別 人物抽出開発中
映画「それでもボクはやってない」 周防正行監督「取材の時から息苦しいものがあった」
援助交際デリバリー:高2男子が運営 売春周旋容疑で逮捕

<ベストマザー賞>“仕分け人”蓮舫が受賞「もらっていいの?」(毎日新聞)
強殺容疑で4人を再逮捕=一家3人殺害−長野県警(時事通信)
親子3人はねられ死亡 パンク修理中、トラック突入 中央道(産経新聞)
<御柱祭>柱から落ち2人死亡 長野・諏訪大社(毎日新聞)
舛添氏、谷氏にチクリ「両立難しい」…新党改革初の街頭演説(スポーツ報知)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。